HOME > PDNレクチャー > Ch.3 静脈栄養 > 2.8 TPN基本液とキット製剤の種類と特徴

Chapter3 静脈栄養
2.中心静脈栄養法(TPN)
2.8 TPN基本液とキット製剤の種類と特徴


仙台市医療センター仙台オープン病院外科 土屋 誉

土屋 誉

記事公開日 2012年7月19日

2014年4月8日改訂

本邦においてはTPN用の輸液がキット化されており、病態に応じてその中から選択可能である。各社より多数の製品が入手可能であるが、本稿ではその特徴および配合されている主な組成について述べる。

1.TPN基本液(表1,2)

1.1 電解質+糖質

高カロリー輸液に用いる基本輸液で電解質と糖を含んでいる。通常は高濃度アミノ酸製剤を混注して用いるためにバッグ容量に余裕をもって作られている。

トリパレン(1号、2号)、ハイカリック(1号、2号、3号)、ハイカリックNC(L、N、H)、ハイカリックRF、リハビックス(K1号、K2号)がある。

ビタミンB1が不足すると乳酸アシドーシスやウェルニッケ脳症を来す恐れがあるため、必ずビタミンB1製剤を併用することが重要である。

ハイカリックはナトリウム、クロールを含まないが、ハイカリックNCはナトリウムとクロールが配合されている(NCはNa、Clを意味している)。トリパレンでは1号液と2号液でナトリウム、クロール濃度が大きく異なっている。

糖質には通常、グルコースが用いられるが、トリパレンはグルコース、フルクトース、キシリトールが4:2:1の割合で配合されている。

糖質の配合量により、1号、2号、3号またはL、N、Hが選択できる。

リハビックスは小児用に開発された製品である。

ハイカリックRFは腎不全用で50%グルコースを基本としており、電解質はカリウムを含んでいない。

表1 TPN基本液
製品 液量
(ml)

(g/容器)
総カロリー
(kcal/容器)
トリパレン1号(大塚) 600 139.8 560
1200 279.6 1120
トリパレン2号(大塚) 600 175.2 700
1200 350.4 1400
ハイカリック1号(テルモ) 700 120 480
1400 240 960
ハイカリック2号(テルモ) 700 175 700
1400 350 1400
ハイカリック3号(テルモ) 700 250 1000
1400 500 2000
ハイカリックNC-L(テルモ) 700 120 480
1400 240 960
ハイカリックNC-N(テルモ) 700 175 700
1400 350 1400
ハイカリックNC-H(テルモ) 700 250 1000
1400 500 2000
ハイカリックRF(テルモ) 250 125 500
500 250 1000
1000 500 2000
リハビックス-K1(味の素) 500 85 340
リハビックス-K2(味の素) 500 105 420
表2 TPN基本液
製品 液量
(ml)
mEq/容器
Na K Ca2+ Mg2+ Cl
トリパレン1号 600 3 27 5 5 9
1200 6 54 10 10 18
トリパレン2号 600 35 27 5 5 44
1200 70 54 10 10 88
ハイカリック1号 700 - 30 8.5 10 -
1400 - 60 17.5 20 -
ハイカリック2号 700 - 30 8.5 10 -
1400 - 60 17.5 20 -
ハイカリック3号 700 - 30 8.5 10 -
1400 - 60 17.5 20 -
ハイカリックNC-L 700 50 30 8.5 10 49
1400 100 60 17.5 20 98
ハイカリックNC-N 700 50 30 8.5 10 49
1400 100 60 17.5 20 98
ハイカリックNC-H 700 50 30 8.5 10 49
1400 100 60 17.5 20 98
ハイカリックRF 250 12.5 - 1.5 1.5 7.5
500 25 - 3 3 15
1000 50 - 6 6 30
リハビックス-K1 500 5 10 4 1 -
リハビックス-K2 500 - 15 7.5 2.5 -

2.TPNキット製剤

基本液にアミノ酸、脂肪、ビタミン、微量元素を配合して製品化したものがキット製剤である。

2.1 電解質+糖質+アミノ酸(表3,4)

基本液にアミノ酸製剤を追加した製品。

アミノトリパ(1号、2号)、ピーエヌツイン(1号、2号、3号)、ユニカリック(L、N)がある。ユニカリック以外は糖とアミノ酸を2室に分けてあり、使用時に隔壁を開通させて使用する。

糖質およびアミノ酸配合量によって1、2号液(ピーエヌツインは3号液まで)またはL、N液がある。

アミノトリパはグルコース、フルクトース、キシリトールが4:2:1の割合で配合されている。

ピーエヌツインは1号液から3号液まで総量が異なる(1,000-1,200ml)。

ビタミンは含んでいないので、ビタミンB1の補充は必要である。

表3 TPNキット製剤 電解質+糖質+アミノ酸
製品 液量
(ml)

(g/容器)
アミノ酸
(g/容器)
総カロリー
(kcal/容器)
NPC/N
アミノトリパ1号
(大塚)
850 139.8 25 660 143
1700 279.6 50 1320
アミノトリパ2号
(大塚)
900 175.2 30 820 149
1800 350.4 60 1640
ピーエヌツイン1号
(味の素)
1000 120 20 560 158
ピーエヌツイン2号
(味の素)
1100 180 30 840 158
ピーエヌツイン3号
(味の素)
1200 250.4 40 1160 164
ユニカリックL
(テルモ、田辺三菱)
1000 125 25 600 128
2000 250> 50 1200
ユニカリックN
(テルモ、田辺三菱)
1000 175 30 820 150
2000 350 60 1640
表4 TPNキット製剤 電解質+糖質+アミノ酸
製品 液量(ml) mEq/容器
Na K Ca2+ Mg2+ Cl
アミノトリパ1号 850 35 22 4 4 35
1700 70 44 8 8 70
アミノトリパ2号 900 35 27 5 5 35
1800 70 54 10 10 70
ピーエヌツイン1号 1000 50 30 8 6 50
ピーエヌツイン2号 1100 50 30 8 6 50
ピーエヌツイン3号 1200 51 30 8 6 50
ユニカリックL 1000 40 27 6 6 55
2000 80 54 12 12 110
ユニカリックN 1000 40 27 6 6 59
2000 80 54 12 12 118

2.2 電解質+糖質+アミノ酸+脂肪(表5,6)

糖質、アミノ酸、脂肪を配合した製品でミキシッドのみ販売されている。

L液N液がありアミノ酸は30g/バッグで同じであるが糖質および脂質の配合量が異なる。上室には脂肪、糖質、下室にはアミノ酸、電解質積が配合されている。混注はビタミン剤、微量元素製剤、電解質製剤(ナトリウム製剤、カリウム製剤のみ)のみが可能である。

また、含有する脂肪のため除菌用フィルターが使用できないことも他製剤と異なる点である。

表5 TPNキット製剤 電解質+糖質+アミノ酸+脂肪
製品 液量
(ml)

(g/容器)
アミノ酸
(g/容器)
脂質
(g/容器)
総カロリー
(kcal/容器)
NPC
/N
ミキシッドL
(大塚)
900 110 30 15.6 700 126
ミキシッドH
(大塚)
900 150 30 19.8 900 169
表6 TPNキット製剤 電解質+糖質+アミノ酸+脂肪
製品 液量(ml) mEq/容器
Na K Ca2+ Mg2+ Cl
ミキシッドL 900 35 27 8.5 5 44
ミキシッドH 900 35 27 8.5 5 40.5

2.3 電解質+糖質+アミノ酸+ビタミン剤(表7,8)

ネオパレン(1号、2号)、フルカリック(1号、2号、3号)がある。

ネオパレンにはオーツカMVと同組成、フルカリックにはネオラミンマルチVと同組成のビタミンが1日量で配合されている。

フルカリックは1日容量の1号液(1,806ml)、2号液(2,006ml)は廃止され、1.5倍タイプが発売された。

ネオパレンは、当初カリウムは上室にのみ配合されていたが、隔壁の開通なしに投与された場合を想定し、上下室に均等の濃度になるように変更されている。

フルカリックは1、2、3号液で総量が異なる(903、1,003、1,103ml)。ビタミンはネオパレンでは2,000ml の投与、フルカリックでは1,806-2,206ml(1-3号の液量が異なるため)で必要量が投与されるため、1,000mlまたは1,500mlの投与を長期的に続けると必要量に達しないことを考慮する必要がある。

いずれの製剤もナトリウムは1キット中、50mEq、カリウムは22-30mEq配合されている。

糖質はいずれの製剤も1号液は1キット中120g、2号液は175g、3号液(フルカリックのみ)250g配合されており、アミノ酸は1号液20g、2号液30g、3号液(フルカリックのみ)40gで製造会社による違いはなくなっている。

表7 TPNキット製剤 電解質+糖質+アミノ酸+ビタミン剤
製品 液量
(ml)

(g/容器)
アミノ酸
(g/容器)
総カロリー
(kcal/容器)
NPC/N
ネオパレン1号
(大塚)
1000 120 20 560 153
1500 180 30 840
2000 240 40 1120
ネオパレン2号
(大塚)
1000 175 30 820 149
1500 262.5

45 1230
2000 350 60 1640
フルカリック1号
(テルモ、田辺三菱)
903 120 20 560 154
1354.5 180 30 840
フルカリック2号
(テルモ、田辺三菱)
1003 175 30 820 150
1504.5 262.5 45 1230
フルカリック3号
(テルモ、田辺三菱)
1103 250 40 1160 160
表8 TPNキット製剤 電解質+糖質+アミノ酸+ビタミン剤
製品 液量(ml) mEq/容器
Na K Ca2+ Mg2+ Cl
ネオパレン1号 1000 50 22 4 4 50
1500 75 33 6 6 75
2000 100 44 8 8 100
ネオパレン2号 1000 50 27 5 5 50
1500 75 41 7.6 7.5 75
2000 100 54 10 10 100
フルカリック1号 903 50 30 8.5 10 49
1354.5 75 45 12.75 15 73.5
フルカリック2号 1003 50 30 8.5 10 49
1504.5 75 45 12.75 15 73.5
フルカリック3号 1103 50 30 8.5 10 49

2.4 電解質+糖質+アミノ酸+ビタミン剤+微量元素(表9,10)

エルネオパ(1号、2号)のみが販売されている。微量元素以外はネオパレンの組成とほぼ同じである。

4室のバッグ製剤で微量元素は鉄(35μmol)、マンガン(1μmol)、亜鉛(60μmol)、銅(5μmol)、ヨウ素(1μmol)(ボルビックスと同成分)が1日量で含まれている。

ビタミンも同様にオーツカMVと同成分が配合されている。つまり1,000ml製剤で微量元素とビタミンがそれぞれ1/2v、1,500ml製剤で3/4v、2,000ml製剤で1v配合されている。従って、1日量以下の投与を持続する場合は注意が必要である。

表9 TPNキット製剤 電解質+糖質+アミノ酸+ビタミン剤+微量元素
製品 液量
(ml)

(g/容器)
アミノ酸
(g/容器)
総カロリー
(kcal/容器)
NPC/N
エルネオパ1号
(大塚)
1000 120 20 560 153
1500 180 30 840
2000 240 40 1120
エルネオパ2号
(大塚)
1000 175 30 820 149
1500 262.5 45 1230
2000 350 60 1640
表10 TPNキット製剤 電解質+糖質+ビタミン剤+微量元素
製品 液量(ml) mEq/容器
Na K Ca2+ Mg2+ Cl
エルネオパ1号 1000 50 22 4 4 50
1500 75 33 6 6 75
2000 100 44 8 8 100
エルネオパ2号 1000 50 27 5 5 50
1500 75 41 7.6 7.5 75
2000 100 54 10 10 100

▲ページの最初へ戻る

あなたは医療関係者ですか?
この先のサイトで提供している情報は、医療関係者を対象としています。
一般の方や患者さんへの情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承下さい。
いいえ
はい