HOME > PDNレクチャー > 高速簡易懸濁注入器 クイックバッグ

高速簡易懸濁注入器 クイックバッグ

高速簡易懸濁注入器  クイックバッグ

クイックバッグは、さらに安全でスピーディな簡易懸濁法を実現するまったく新しい簡易懸濁注入器です。

簡易懸濁法

販売メーカー:株式会社モリモト医薬

メーカー製品情報サイト


■クイックバッグは、さらに安全でスピーディな簡易懸濁法を実現するまったく新しい簡易懸濁注入器です。

■薬剤をバッグの上から指で押しつぶせるので、10分以内の注入を実現します

■簡易懸濁法不適の多くの薬剤が崩壊できる

■透明なので薬剤の崩壊・懸濁状態を確認しやすい

■チューブ詰まりを回避

■使い捨てだから衛生的で安全・安心

■高気密なので抗がん剤使用時も安全・安心

よくある質問

Q:どの経管チューブにも接続できますか?

A:厚生労働省の「経腸栄養ラインの接続部に関する基準」に適合したメス接続部を持ったすべての経管チューブに接続できます。


Q:チューブ詰りの心配はありませんか?

A:バッグの中で薬剤を指で押しつぶしできるので十分な懸濁が行えます。また、懸濁状態が外から確認できるためチューブ詰りを回避できます。


Q:どんな薬が使えますか?

A:簡易懸濁法の適合薬剤はもちろん使用できます。糖衣錠やフィルムコート剤など硬い錠剤もバッグの上から指やスプーンで押しつぶすことにより崩壊できます。簡易懸濁法が不適薬剤の崩壊懸濁試験とチューブ通過試験を実施して、32種類の薬剤が崩壊・通過することが確認できました。現在も試験を継続中です。


Q:コンタミや薬害の心配はありませんか?

A:シールとジッパーにより、密封したバッグのなかで崩壊懸濁するので、コンタミや薬害の心配はありません。高活性薬剤や抗がん剤などでも安全・安心にお使いいただけます。

株式会社モリモト医薬 その他の製品


関連レクチャー

Chapter2 経腸栄養 11.経腸栄養時の薬剤投与